開催案内

開催日

2022年3月7日(月)~8日(火)

開催場所

オンライン開催

申込要領

a)論文題目
b)著者氏名と所属(主著者明記のこと)
c)連絡先住所,電話番号,ファックス番号,E-mailアドレス
d)400字程度の概要
e)OSの希望セッション,または分野名(前記20項目から選択)

各種締切

a)講演申込: 2021年10月19日申込開始、2021年12月5日終了
b)本論文提出: 2021年12月12日登録開始、2022年1月23日終了
*概要と本論文の執筆と発表は、日本語、英語いずれにしても可。本論文の長さは、表、図面などを含めて刷り上がり2~8枚(2段組)とし、PDFファイルによる投稿を原則とします。

分野一覧

1.海洋政策・文化・教育
2.地球環境・保全
3.海洋汚染・回収回復技術
4.海域富化・浄化
5.海洋生物・生態系
6.空間利用・海域制御
7.マリンレジャー・マリンスポーツ
8.洋上交通・物流
9.水産資源・深層水利用
10.海底資源・鉱物資源
11.再生可能エネルギー
12.海洋調査・観測
13.水中音響・海中技術
14.掘削・ライザー・パイプライン
15.安全性・信頼性
16.材料・構造強度・疲労強度
17.海洋情報処理技術
18.外力・応答・係留
19.防災
20.その他
OS1 津波による漂流物の衝突影響の評価について(仮)
OS2 津波の下での底面境界層と土砂移動
OS3 海洋建築とSDGs:健全な地球環境と生活環境への対応
OS4 海洋建築とSDGs:気候変動や災害への対応
OS5 海底資源・海洋空間利用セッション ー海と陸における資源開発・空間利用
  の現状と環境負荷の比較考察ー
OS6 コンクリ浮体による洋上風力発電ファームの可能性(仮)
OS7 開始された国連海洋科学の10年
OS8 JAMSTEC中西賞受賞記念講演
OS9 海洋再生可能エネルギー
OS10 海洋・沿岸域の総合的管理の実現に向けて

協賛

(NPO)海洋音響学会,(一財)エンジニアリング協会,日本海洋政策学会,(一社)海洋調査協会,海洋調査技術学会,海洋理工学会,(一社)海洋産業研究・振興協会,環境法政策学会,(公社)計測自動制御学会,(一社)国際海洋科学技術協会,(一社)資源・素材学会,(公社)石油学会,石油技術協会,(一社)電気学会,(公社)土木学会,(一社)日本エネルギー学会,日本沿岸域学会,日本海水学会,日本海洋学会,(公社)日本化学会,(一社)日本機械学会,(一社)日本建築学会,(公社)日本航海学会,日本水産学会,日本水産工学会,(一社)日本鉄鋼協会,(公社)物理探査学会,(公社)日本マリンエンジニアリング学会,(公社)日本水環境学会,(一社)溶接学会,(一社)海洋エネルギー資源利用推進機構,IEEE/OES Japan Chapter, Marine Technology Society 日本支部(順不同)